閉じる

search 脱毛サロンを探す

close close
close close
× 検索条件を指定してください
× 該当件数がありません。検索条件を変更してください。

支払い

割引

キャンペーン

サービス

脱毛をしたその後は?お手入れなしは問題あり!

脱毛をすると肌が荒れるという人は少なくありません。

どんな方法であっても、ムダ毛だけでなく肌に多少のダメージは及びますので、処理後のケアが非常に重要になります。

これを怠ると、肌が丈夫な人でも深刻なトラブルを引き起こしかねませんので、普段以上にしっかりケアしましょう。

こちらでは、脱毛後のケアについてご紹介します。

脱毛後は正しいケアが必須!

脱毛処理はムダ毛だけにダメージを与えていると思われがちですが、実際には肌にも大きなダメージを与えています。

現在主流となっているクリニックの医療レーザー脱毛やサロンの光脱毛も、脱毛器が肌に触れることはありませんが、毛根を加熱処理する際に毛穴にものその熱が伝わり、軽いやけどのような状態を引き起こしているのです。

そのため、脱毛後には熱を帯びた肌をしっかりケアして、肌の回復に努めなければなりません。

まず行うべきは、処理後の肌への保湿です。加熱処理された毛根周辺の肌は、熱を帯びているだけでなく乾燥もひどくなっています。

水分が失われた肌は雑菌や外的刺激に弱くなっており、細胞の修復にも時間がかかります。

そこで、アルコールなどの入っていない、低刺激のローションなどでしっかり水分を補い、肌の回復力を取り戻します。

一度に大量につけるのではなく、こまめに何度もつけてしっかり保湿しましょう。肌の熱が高すぎるようならば、冷やす必要がありますが、冷やし過ぎると毛母細胞が回復して脱毛効果が薄れるため、濡れタオルを肌にあてる程度に留めます。

施術後はしばらく紫外線に当たらないように、日傘や長袖の着用を心がけましょう。メイクをするときも摩擦を加えないように、低刺激のものを薄めにつけます。

強い痛みやかゆみが出たり、赤みがひかなかったりした場合には、あまりセルフケアをせずにすぐ受診しましょう。

脱毛後にやってはいけないNG行動とは

脱毛後は基本的に普段通りに過ごすことができますが、肌が敏感になっているため、いくつか避けた方がよい事柄もあります。

まず、レーザー脱毛も光脱毛も、処理後は肌に熱を持った状態が続いていますので、それ以上肌に熱を加えるのは避けましょう。

具体的には、紫外線の降り注ぐ外を長時間歩いたり、処理後すぐに激しいスポーツをしたりするのは厳禁です。脱毛処理は本人が思っている以上に肌にダメージが残っており、肌へのダメージをさらに蓄積させると、痛みや赤み、かゆみ、水泡などのトラブルに発展する恐れがあります。

また、長時間の入浴やサウナも肌の熱がさらに高まることになるため、注意が必要です。多量の飲酒や長時間の入浴も、念のため施術当日はやめておいた方がよいでしょう。これらの弱っている肌に追い打ちをかけるようなものであり、肌トラブルのきっかけになりかねません。

処理直後の肌にムダ毛が残っていた時、毛抜きやかみそりで自己処理をする人もいますが、ただでさえダメージを受けている状態でこのような処理をすれば、跡が残る恐れもあります。

このように、脱毛処理は安静にしなければならないほどの問題ではないものの、できるだけ避けておきたい行動も意外とたくさんあります。

基本的には、軽いやけどになっている肌にダメージを与えそうなことは避けて、しっかりスキンケアを行い、体を休めて肌の回復を早めるようにします。

脱毛後の肌トラブルの対処法とは

もし、脱毛処理後に肌トラブルが見つかったときには、自己流で解決しようとせずにすぐに病院で診てもらいましょう。

施術が直接的な原因でやけどのような症状が現れていることもありますが、もともと肌が弱かった人が施術を受けたことにより、症状が表面化してきたというケースもあるからです。

病院での治療は、基本的には塗り薬を処方されて様子見になります。また、日ごろの過ごし方についてのアドバイスがもらえることもあります。

医療レーザー脱毛をしたことで肌トラブルが発生した場合には、施術を受けたクリニックに相談に行きます。ほとんどのクリニックが、施術後のトラブルの相談窓口を設けていますので、長い説明をしなくてもすぐ治療を受けられます。

サロンでは医療行為は行っていませんが、近ごろはドクターサポート制度のサロンも多く、治療が必要な場合には提携している皮膚科を紹介してもらえます。この場合にも、トラブルが発生した事情をサロン側から連絡してもらえるため、スムーズに治療を受けられます。

ドクターサポート制度のないサロンで施術を受けた時には、自分が普段通いなれている皮膚科に行くとよいでしょう。

基本的にはやけどの治療と同じような内容になるため、定型外の病院でもきちんと対処してもらえます。

受診するまでは肌への刺激が考えられるようなスキンケア商品等は使わずに、保湿だけはきちんとしておきましょう。

まとめ

このように、脱毛後のケアをきちんとすることで、処理後の肌のダメージは大幅に軽減されます。

脱毛は一度で完全にムダ毛をなくすことができず、何度も行わなければならないため、その都度きちんとケアをして、肌トラブルにならないようにしましょう。

また、サロンの施術などでトラブルが生じた時のために、ドクターサポートのある所を選ぶのもおすすめです。