閉じる

search 脱毛サロンを探す

close close
close close
× 検索条件を指定してください
× 該当件数がありません。検索条件を変更してください。

支払い

割引

キャンペーン

サービス

絶対に避けたい!脱毛と日焼けの関係について知っておこう

肌を露出する機会が多くなるシーズンが近くなれば、気になるのはムダ毛の処理ですね。

自己処理をしている人は処理する回数も多くなりますが、肌へのダメージも心配です。

今ではサロンやクリニックでの脱毛が主流になりつつあり、価格的にもハードルが下がってきた脱毛。

そんな脱毛ですが、日焼けしていると施術しにくいって知ってましたか?

日焼けと脱毛について詳しく勉強していきます。

脱毛で日焼けがNGな理由

どうして脱毛する時に日焼けが関係してくるのかは、脱毛のメカニズムを知っておく必要があります。

現在では光脱毛とレーザー脱毛が主流になりつつありますが、どちらも処理したい毛(毛根部分)に特殊な光やレーザーをあてて毛や、毛の生える場所を根本から破壊していきます。

これは、黒い色に反応する原理を応用したもので、脱毛の場合はメラニン色素に向かって照射することで毛の根元部分から無くしてしまうといったものです。

黒い色に反応するので、極端に肌が黒くなっている「ほくろ」や「シミ」などにも効果が出てしまいやけどを起こしてしまうために、脱毛時には当たらないように表面を白い綿花やシールなどでカバーします。

日焼けをしていない肌に照射すると、肌を通り越して内部の毛と毛根の黒い部分にだけ効果を発揮します。

この際に軽い痛みがありますが、内部で黒色が反応している証になります。

肌の色が白色に近いほど肌への影響は減り、集中してメラニン色素だけに当てることができます。

しかし、日焼けをしてしまうと肌自体が黒色に近くなってしまうために、肌への影響が出てダメージを受けてしまいます。

それだけではなく、肌の色にも反応してしまうことでパワーが分散されてしまうのです。これでは効率が悪くなってしまいますし、トータルの施術の回数も増えてしまいます。

効率よく脱毛を行うためにも、日焼けしている肌には脱毛はNGということを覚えておいてくださいね。

脱毛中に日焼けをしたらどうなる?

一定の期間を空けて脱毛を繰り返し施術しますが、日焼けしている期間があると、まず一番に脱毛の効果が減ってしまいます。

日焼けした肌に脱毛の施術をしても、パワーの分散によりメラニン色素に届く効率が悪くなることで、日焼けする前の状態よりも抜けにくいといった結果になります。

あまり日焼けが強いようなら照射できないといったこともあり得ますし、肌が敏感になっている状態で施術するのは安全上良くないといった判断をされることが多くあります。

日焼けというのは紫外線によって軽いやけどが起きている状態ですので、必要以上にクールダウンは必要ですが、熱を持たせることはしないほうが良いと判断されてしまうのです。

実際に日焼けは厳禁ですと言われるサロンやクリニックが多いのはこのためです。

日焼けしていると肌は乾燥している状態になりますので、照射によって熱を持たせることで、より乾燥肌になってしまい炎症を起こしやすく、シミや黒ずみの原因になることもあります。

敏感になっている肌に、照射によって黒い部分に反応する光を当てることで、過剰にダメージを加えることになってしまうために、普段なら感じない痛みを感じてしまう結果になります。

また、思いがけなく日焼けをしてしまった場合にも、出力パワーを下げることにもなってしまいますので効率も悪くなり、その上脱毛効果も少なくなってきてしまうために、脱毛中の紫外線対策はとても重要です。

脱毛中の日焼け止めの正しい使い方

脱毛している期間中に日焼けを防止する対策としては、陽に当たらないことが一番です。

また、常に日傘を持ち歩いたり、肌をさらさない衣類を着ることも重要です。

しかし、暑い時期の外出はそうも言ってられませんよね。そこで、日焼け止めの正しい使い方をしっかり覚えておいてください。

日焼け止めにも数値がいろいろあり、SPFとはUVB波の防止効果指数のことで、高ければ高いほど紫外線をブロックする効果はあるのですが、肌へのダメージや炎症を起こしてしまう場合もあります。

PAとはUVA波の防止効果を表す指標です。最近では肌に優しいものも出ていますが、海やプールなどのアウトドアに行かない限りは高い数値はそんなに必要ありません。

脱毛中はそんなレジャーは厳禁なことを忘れてはいけませんね。そんな日焼け止めのSPF数値を気にして選ぶことよりも、何度も塗りなおしをすることのほうが効果的です。

一度塗ってそのまま汗をかいたり、知らぬ間に拭き取ってしまったりと、案外短時間で効果がなくなっていることを知らない人が多いのです。

紫外線対策として必要な塗り直しを考えるなら、2時間から3時間で塗りなおすといったサイクルを繰り返しましょう。

室内にいれば日焼けすることもありませんが、案外反射した紫外線などにさらされていることも多いものです。

脱毛中は弱めの日焼け止めをこまめに塗りなおすといった習慣をつければ、肌を痛めることもなく、安全に施術を受けられるようになります。

まとめ

脱毛もしたいけど日焼けもしたい!という人は多いのが悩ましいところですね。

しかし肌への影響を考えると脱毛中の日焼けは大敵なんです。

トラブルを起こしてからでは遅くなりますので是非頭に入れておいてくださいね。

最近では日焼けしていても可能な脱毛方法も出てきました。これは朗報ですね。

「ストラッシュ」では日焼けでもOKな施術があるとのことです。

ただ、少し従来の脱毛よりも回数が多くなったりしますが、完全に脱毛するというのも時間のかかるものですし、一本も生えなくするまで続けるのは、これまでの脱毛方法でもなかなか大変です。

ある程度ムダ毛の処理が出来て気にならない程度の毛だけになればいいという感覚で行う人の方が多いので、日焼け予定があるけれどムダ毛の処理もしたいと考えている人は一度検討してみてくださいね。